2024年 3月 3日 (日)

デザイン重視の「消火栓」アリ?SNS議論に 「本末転倒」厳しい意見も...建築&防災のプロの見解は

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   初期消火に使う「屋内用消火栓(収納箱)」のデザインを巡り、SNSで論争が巻き起こっている。

   景観を重視した施設では、周囲と調和させた意匠の消火栓は珍しくない。しかし、生活者から見ると「本末転倒」だと理解できないケースもあるようだ。

  • 一般的な消火栓
    一般的な消火栓
  • 一般的な消火栓

「残念」デザイン?

   防災設備に欠かせない消火栓。赤く光った表示灯と起動ボタンが上部に並び、下部の扉を開けるとノズルやホースなどが収納してある、なじみの存在だ。

   建設関係者を名乗るツイッターユーザーは2023年2月中旬、2つの消火栓の写真を投稿し、それぞれ「残念」「いいね」と講評した。

   「残念」と評されたのは、一般的なクリーム色の消火栓だった。投稿者は消火栓と壁の材質・色が合っていない、明朝体で赤く書かれた「消火用散水栓 消火器」のフォントと色が施設全体と調和していないことを理由に挙げた。

   「いいね」と評価された消火栓は対照的に、一見しただけでは気づかないような壁と同化したデザインだった。投稿者は施設全体のサイン(案内図など)と合わせていると解説した。

   投稿は21日までに6000以上リツイートされ、是非をめぐって議論になっている。同意する声もあるものの、多くは「デザイナーの自己満足」「本末転倒」と視認性が低いために、いざという時に見つけられないという懸念だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中