2024年 5月 26日 (日)

【侍ジャパン】岡本&吉田夫婦の貴重ダブルデート アベック弾に妻・ゆり香さん「嫁二人歓喜」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の侍ジャパン対イタリアで、アベック弾を決めた吉田正尚(レッドソックス)と岡本和真(巨人)。家族も大喜びのようだ。

   吉田の妻で管理栄養士のゆり香さんは、岡本夫婦の写真とともに「嫁二人歓喜」「とてもエモかった」と小躍りした。

  • 写真はいずれもCTK Photo/アフロ
    写真はいずれもCTK Photo/アフロ
  • ゆり香さんのインスタグラムより
    ゆり香さんのインスタグラムより
  • 写真はいずれもCTK Photo/アフロ
  • ゆり香さんのインスタグラムより

「時が経つの早すぎて怖い」

   侍ジャパンは2023年3月16日の準々決勝、イタリアを9-3で下し、決勝進出を決めた。

   3回に4番吉田のショートゴロの間に先制すると、6番の岡本が値千金の3ランを放ち、一挙4得点した。

   7回には吉田のダメ押しとなるソロ本塁打が飛び出し、中軸の活躍が光る試合だった。

   岡本は試合後、ディズニーランドで撮影した吉田との2ショットをインスタグラムに投稿し、アベック弾に喜んだ。

   ゆり香さんもインスタグラムを更新し、「#便乗」のハッシュタグとともに岡本夫婦と吉田の4人の写真を披露した。シンデレラ城とみられる建造物を背景に、4人がミッキーの被り物をしている。5年前の写真だといい、嬉し泣きのスタンプを添え「時が経つの早すぎて怖い」と回顧した。

   ゆり香さんは「祝準決勝進出」と2人の活躍をたたえ、「嫁二人歓喜 お互いが付き合う前からずっと一緒なので打順が並ぶのも、アベックHRもとてもエモかった、、」と喜びをかみしめた。1次ラウンドの中国、韓国、オーストラリア戦では、吉田が5番、岡本が6番だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中