阪神なぜハマスタで勝てない...元巨人コーチが「敗因」分析 連敗脱出に必要なものとは?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球の阪神が2023年4月16日、DeNAと対戦し1-2で敗れ、横浜スタジアム10連敗となった。22年6月28日の黒星からシーズンをまたいでの大型連敗。阪神はなぜ横浜スタジアムで勝てないのか。J-CASTニュース編集部は、巨人、ヤクルトなどでコーチを歴任し阪神でプレー経験を持つ橋上秀樹氏(57)に分析してもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「阪神がほぼ逆転負けしている」

   両チームの昨シーズンの対戦成績はDeNAが16勝9敗で勝ち越している。ホームの横浜スタジアムでは11勝2敗と圧倒し、阪神のホームである甲子園、京セラドームでは5勝7敗と負け越している。

   橋上氏は「横浜スタジアムでの試合を見てみると、阪神がほぼ逆転負けしている。これがいくつか考えらえる連敗の原因だと思います」との見解を示した。

   10連敗の中で阪神が先制して逆転されたのが6試合で完封負けが2試合だった。22年6月30日の試合では、初回に4点を先制されるも8回に逆転。しかし9回に逆転を許し5-6のサヨナラ負けを喫した。

   橋上氏は「昨シーズン阪神のチーム防御率はリーグトップで投手力が高く、ブルペン勝負になっても負けない投手力があった。それが横浜スタジアムだとことごとくやられている。ストロングポイントのブルペン陣が逆転負けを喫してしまった。得意とする形での敗戦は尾を引くと思います」と分析し、次のように語った。

「1回や2回ならまだしも同じチームに何度も逆転負けすると『やられた』というイメージが結構残るもの。それがマイナス要素となり、阪神は『またやられるのではないか』という思い。DeNAにしてみれば『またなんとか逆転できるのではないか』という思いがあり、両者の心理的な面が色濃く出ている結果だと思います」

   阪神がホームとする甲子園球場と横浜スタジアムの相違に触れ、投手や野手に及ぼす影響に言及した。

姉妹サイト