2024年 6月 17日 (月)

「家の鍵ってサービス終了するんだ」 スマートロック「Qrio」対応に波紋...家電ライターはどう見たのか

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「家の鍵が『サービス終了』って状況に理解がついていかない」――。スマートフォンで鍵の開閉を行うスマートロック製品「Qrio(キュリオ)Smart Lock(Q-SL1)」のサービス終了が、SNSで波紋を広げている。

  • Qrio Smart Lock
    Qrio Smart Lock
  • Qrioの発表(公式サイトより)
    Qrioの発表(公式サイトより)
  • Qrio Smart Lock
  • Qrioの発表(公式サイトより)

「買い切り型商品のためサービスの維持が難しくなってきております」

   スマートロック「Q-SL1」は、2015年8月にソニーグループ子会社のQrio(東京都渋谷区)から発売された。

   玄関ドアにデバイスを取り付け、スマートフォンに対応するアプリをインストールして利用する。スマートフォンと連動して鍵の開閉を行うことができる。アプリを通じて、外から自宅のカギの状態を確認したり、家族や友人に合鍵を共有したりすることも可能だ。18年には後継機種「Q-SL2」が登場している。

   Qrioは公式サイトで23年5月8日、10月末にQ-SL1のサービスを終了すると発表した。

「2015年の発売開始以降、多くのユーザー様にご愛顧いただいておりましたが、最終出荷より5年が経過し、買い切り型商品のためサービスの維持が難しくなってきております。 つきましては、誠に勝手ながら、旧製品である『Qrio Smart Lock(Q-SL1)』のサービスを終了させていただくことになりました」

   SNSでは「家の鍵ってサービス終了するんだ...」などと話題になり、一部ではサービス終了後に「カギの開け閉めが出来なくなるのか?」と不安を訴える声もあった。

   J-CASTニュースは10日、同社に取材を申し込んだが、その日のうちにQrio公式サイトに追記があった。

   追記によれば、アプリとの接続による解施錠など、サーバーとの通信を必要としない機能が即座に動作しなくなることはないものの、「セキュリティに関わる重要な機能の担保ができないため、ご利用の継続は控えて頂きたく、お願い申し上げます」としている。

   また、今回サービスを終了するのは初代の「Q-SL1」のみで、後継機「Q-SL2」については、「お客様に安心してご利用いただけるようサービスの提供に努めて参ります」と記している。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中