2024年 2月 25日 (日)

「別に御社じゃなくてもいいのです」 Xでシェアされ、大反響...「面接ネタ」に見る求職者のホンネ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   X(Twitter)では就職・転職活動に関する体験談がよく投稿されます。なかでも「面接」は、とりわけ取り上げられる機会が多い話です。

   就職・転職活動をする人が必ず経験する選考ステップということもあってか、面接で体験した出来事についての話題は尽きません。

   ツイートまとめサービスのTogetter(トゥギャッター)が解説する「3分くらいで分かる週刊X(Twitter)トレンド【J-CAST出張版】」、今回は「就職・転職の面接」について掘り下げます。

  • Xに寄せられる「就職・転職の面接」体験談とは
    Xに寄せられる「就職・転職の面接」体験談とは
  • 「採用面接で『なぜ弊社でなければならないのか』と聞くのは本当に止めたほうがいい」
    「採用面接で『なぜ弊社でなければならないのか』と聞くのは本当に止めたほうがいい」
  • Xに寄せられる「就職・転職の面接」体験談とは
  • 「採用面接で『なぜ弊社でなければならないのか』と聞くのは本当に止めたほうがいい」

「弊社でなければならない理由」を聞かないで

「面接官からの質問にどう答えればよいか悩んだ」

   この経験談は、面接に関する話題の中でも、鉄板中の鉄板です。

   たとえば、あるXユーザーは「採用面接で『なぜ弊社でなければならないのか』と聞くのは本当に止めたほうがいい」と投稿し、多くの共感を呼びました。

   投稿者は続けて、「別に御社じゃなくてもいいのです。お金が欲しいだけなんです。いくらでも代わりのある会社のくせに自惚れるのはやめてください!!!」とも書いています。

面接官「何故弊社でなければならないの?」就活生の本音(別に御社じゃなくてもいい、お金さえくれれば)→企業側の本音が集う - Togetter

   面接ではおなじみの質問ということもあってか、他のXユーザーからも

「御社でなければならないなら、何社もエントリーしませんわな」
「そのくせ答えたら答えたで『それウチじゃなくていいよね?』とか言われる始末」

といった反応が相次いで寄せられました。

   いっぽうで、採用側の立場からは

「いや、採用する方も切実な疑問なんだよ。我が社でなければならない理由、どうか教えてくれっ(涙)」
「会社側として『内定を出したのに蹴られたら困る』ので、蹴らなさそうかどうかを確認する一環として聞いてる」

という声も出ています。

   求職者と採用者、両視点からの反応を見比べると、この質問が双方にとって「悩ましいポイント」をはらんでいることがうかがえます。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中