2021年 3月 1日 (月)

人気企業は合同説明会に期待しない それでも参加している理由

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

地方から東京・大阪の合説に参加したら

   地方から、わざわざ東京ないし大阪の合説に参加する学生もいるか、と思います。その場合、プラスアルファで考えてほしいのは、他大学の学生との交流です。

   友人などがいれば飲み会でもいいですし、いなければいないで、オフ会にして同じ就活生を集めるのもいいでしょう。

   飲み会はちょっと、という方は、キャリぷら(東京は飯田橋、大阪は本町)、私学事業団就職活動サポートセンターやジョブラスセミナーの利用がお薦め。

   キャリぷらは、学生が自由に利用できる民間キャリアセンター。初回に利用登録(無料)をすれば、センター内で本を読む、エントリーシートを書く、休憩する、スタッフなどに就活相談をする、などその辺は自由。

   私学事業団学生就職活動サポートセンターは、日本私立学校振興・共済事業団が運営。基本的にはキャリぷらと同じ。場所は東京・大手町と大阪・本町の2か所。ただし、こちらは、事前予約制であり、かつ、私立大生限定である点が違います。まあ、私立大の関連団体運営なので、国公立大生はあきらめてください。

   ジョブラスセミナーは、アイデムが運営する就職情報サイト・ジョブラスのセミナー。全国で実施しているのですが、開催回数が多いのはやはり東京と大阪。なお、参加は事前申込制で、ジョブラスの登録が必要です。

   さらに、ずうずうしい(好意的に評価すれば行動力あり)学生だと、無関係の大学の学内合説にも参加する、という例もありました。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中