2021年 5月 18日 (火)

「履歴書は手書きか」論争に踊らされる就活生 答えはもう出ています

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

PC作成では見えないものは

   ところが、無関係のはずの企業関係者、心なしか、PC作成を支持するIT業界関係者の方も、論争に参加している点が興味深く感じました。

   まあ、論争と言うよりは、腫れ物を触られでもしたのか、感情的になっている方も多かったです。

「手書きにこだわる企業自体、古臭いし、そういう指導をする方もおかしい」

   特に、とあるIT業界の偉い方(としておきます)は、私が他で書いた手書き論争記事を取り上げて、

「くだらない。こういうヤツは糾弾しないと」

とのこと。そうか、糾弾されるのか(遠い目)。

   糾弾される前に先にお伝えしておくと、手書き推奨の企業は、PC作成では見えないものを見ようとしています。

   熱意や書類作成能力、一般職採用では文字のきれいさ・丁寧さなども見ています。

   それから、採用コンサルタントの柳本周介さんによると、

「手書きでメンヘルかどうか見ています。メンヘルの学生だと文字が独特の震え方をしているので。もちろん、それを隠そうとしてPC作成にしても、それだけで落ちる、ということはありませんが、そこは面接で少しでも話せば分かります」

とのこと。

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中