2021年 5月 16日 (日)

「履歴書は手書きか」論争に踊らされる就活生 答えはもう出ています

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

実は手書き推奨もPC推奨も同じ?

   私は手書き推奨の企業もPC推奨の企業も、どちらも取材しています。

   その取材結果から、手書きかPC作成か、はっきりしない企業については、手書きがいいよ、と学生にはアドバイスしています。

   実は、手書き推奨の企業も、PC作成推奨(またはオンラインでのみ受け付け)の企業も、根本にあるところは、そう大きくは変わらない、と見ています。

   採用におけるミッションは、自社にとって欲しい学生を必要な数だけ採用することにあります。

   この「自社にとって欲しい学生」像は企業によって異なります。堀江さんも、週刊ダイヤモンド連載で「中身がなければ評価されません」と書かれていますが、この点は、手書き推奨派もPC作成推奨派も、どちらも頷くところでしょう。

   問題は、この中身を見るために、IT業界などは効率重視でPC作成を推奨する、手書き推奨派は、中身をより見ていく目的があるからこそ手書きを推奨する、その方法論の違いではないでしょうか。

   と思うのですが、それでも、とあるIT業界の偉い方に糾弾されてしまうのか、戦々恐々としている今日この頃です。(石渡嶺司)

石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中