2021年 4月 13日 (火)

就活生の「ごね得」 本当に得か、実は損か

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

ESで手紙を10通書いて選考通過

   似たような話、大手食品メーカーを取材したときにも聞きました。

   ESを郵送する際、他のものを同封しないように指示しているにもかかわらず、企業研究レポートなどを勝手に同封する学生は後を絶ちません。

   これだって、ごね得狙いと言えますが、多くの企業は問答無用で落としていきます。大手食品メーカーも同じだったのですが、手紙を同封した学生だけは次の選考に残した、と話してくれました。

   手紙とは、採用サイトによく出ている先輩社員に対しての手紙です。

「うちでは10人出したのですが、10人それぞれへの手紙でした。そこまで思いが深いなら落とすのに忍びなかったのと、落とした場合、何を言われるか、その恐怖心もあったので次の2次選考には通しました」

   ただし、この学生、結局は2次選考で落ちたとのこと。先ほどの企業と違い、落とす気はなかったそうです。

「なんと言うか、ピントがずれていました。それからは手紙だろうが何だろうが、指示から外れたものを同封しても落とすようにしています」
石渡嶺司(いしわたり・れいじ)
1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。2003年からライター・大学ジャーナリストとして活動、現在に至る。大学のオープンキャンパスには「高校の進路の関係者」、就職・採用関連では「報道関係者」と言い張り出没、小ネタを拾うのが趣味兼仕事。主な著書に『就活のバカヤロー』『就活のコノヤロー』(光文社)、『300円就活 面接編』(角川書店)など多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中