2020年 5月 26日 (火)

「稼ぐ家政婦になるのが虚しい」女性の投稿が大炎上 彼氏の家事能力のなさにショック 「結婚やめろ」の大合唱だが......

印刷

   「稼ぐ家政婦になるのかと思うと... 虚しいです」というアラフォー女性の投稿が大炎上している。

   結婚してもいいと思う同世代の男性にめぐりえた。しかし、彼の一人住まいのアパートを訪れてショックを受けた。あまりの散らかりよう、汚いトイレ、浴室のカビ、ボタン1つつけられない家事能力のなさ......。

   こんな人と結婚して大丈夫? と不安になったのだ。

  • 私は稼ぐ家政婦?(写真はイメージ)
    私は稼ぐ家政婦?(写真はイメージ)
  • 私は稼ぐ家政婦?(写真はイメージ)

彼氏の部屋は「汚いトイレと浴室にカビ」

   話題になっているのは、女性向けサイト「発言小町」(2020年1月9日付)の載った「稼ぐ家政婦になるのか... 虚しいです」というタイトルの投稿だ。

「アラフォー会社員です。結婚を前提にお付き合いしている同世代の彼がいます(お互い初婚)。結婚は嬉しいのですが、ふと、この人と結婚して私はメリットあるの? と思うときがあります」

と、冒頭で書いたあとに、不安な点を以下のように列挙するのだった。

・前提として、私と彼は同業で、ほぼ同じ年収で結婚しても共働き
・彼の家(築20年の古いアパート)のトイレの壁のシミ(飛び跳ねを掃除していない)、お風呂の天井のカビを見ると、掃除が得意とは思えない(結婚したら私がやることになりそう)
・彼はよく私の料理を食べたいと言ってくるし、コートのボタンが取れたらつけてほしいとお願いされた(家事は私の担当になりそう)
・住む家へのこだわりが強く、戸建てで犬を飼いたいと譲らない(私は家の中にゴミを溜めておくのが嫌なので、ごみステーションのあるマンション希望。また、動物が嫌い)

   そして、こう心配するのだった。

「彼は、私の意見に合わせる気がなさそう。口では、家事分担すると言っていますが、彼にしてみれば、男性と同額稼ぐ嫁が来れば楽になる。学生時代一生懸命勉強し、今の仕事についたのは、誰かを楽にするためだったのか。彼が求めているのは『稼いでくる家政婦』なのではないのか......。こんな思考だからアラフォーまで売れ残るのは重々承知ですが、悩んでいます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中