2021年 6月 14日 (月)

マラドーナよ、ありがとう! 「神の手」に捧げた最高にステキな「弔いの英語」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

胸を打つ「存在してくれただけでありがとう!」の言葉

   報道によると、晩年のマラドーナ氏は薬物やアルコールとの戦いが続くなど往年の輝きを失っていたようです。ある海外メディアは「マラドーナ氏の人生はお得意のドリブルのようにジグザグだった」と評していました。

   それでも、「問題ばかりだけど、愛さずにはいられない」といった不思議な魅力にあふれていたらしく、著名人がこぞってマラドーナ氏への思いを述べています。

   アルゼンチン代表の監督と選手という関係だったリオネル・メッシ氏は、インスタで次のようなメッセージを公表しました。

He leaves us but does not leave, because Diego is eternal.
彼は亡くなったが去ってはいない。なぜならディエゴは永遠だからだ。
I keep all the beautiful moments lived with him
私は、彼と過ごしたすべての美しい瞬間と共にいる。

   う~ん、世界を代表するトップスターが共に過ごした「the beautiful moments」(美しい瞬間)ってどれだけ素晴らしかったのでしょうか。二人だけに通じる世界感があったのでしょうね。繊細なメッシらしい、美しいメッセージでした。

   サッカーの「王様」と呼ばれた元ブラジル代表のペレ氏は、自身のツイッターで「One day, I hope we can play ball together in the sky」(いつか、天国で一緒にサッカーをしよう)と、思いをつづっています。天国ではなく、二人が地上でサッカーをする姿をもう一度見たかった、というファンも多いのではないでしょうか?

   ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナルド氏は、自身のツイッターにマラドーナ氏とのツーショット写真を掲載。マラドーナ氏のことを「An unparalleled magician」(比類無きマジシャン)だったと評し、「You will never be forgotten」(決して忘れ去られることはないだろう)と、永遠の別れを悲しんでいました。

   数多くのメッセージのなかで、私が一番「胸キュン」となったのは、マラドーナ氏の母国アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領のコメントでした。全国民が3日間の喪に服し、大統領官邸で通夜が営われるなど「国を挙げて」祖国の英雄を弔うことを決定する一方で、次のような声明を発表しました。

You took us to the top of the world.
(あなたは私たちを世界の頂上に連れて行ってくれた)
You made us immensely happy
(あなたは私たちを、とてつもなく幸せにしてくれた)
Thank you for having existed, Diego.
(ディエゴ、存在してくれてありがとう)

   「存在してくれてありがとう」とは、なんとステキなことばでしょうか。紆余曲折あったにせよ、マラドーナ氏の存在がどれだけアルゼンチン国民の誇りだったのか。良いも悪いも、現役時代の輝くようなプレーも引退後の苦しむ姿も、すべてを包み込んで同時代に生きてくれたことに感謝する......。そんな思いがひしひしと伝わってきます。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中