2019年 12月 6日 (金)

アンパンマン・やなせたかしさん死去…「国民栄誉賞」を贈りたい!

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   得意技のアンパンチで悪の権化・ばいきんまんをやっつけるが、ばいきんまんが倒れるまでは痛めつけない。お腹がすいた子どもがいれば自分お顔を食べさせ、ヨレヨレになるかっこ悪い正義のヒーロー・アンパンマン。その作者・やなせたかしさんが13日(2013年10月)、心不全のため亡くなった。享年95。

声担当・戸田恵子「分け合うことの大切さを教えてくれた」

   神奈川県横浜市の「横浜アンパンマンこどもミュージアム」に遊びに来ていた親子連れは、「やなせさんこそ国民栄誉賞をもらえるものだと思います」「アンパンマンにどれだけお世話になったか。子供が泣き叫んでいても、アンパンマンのDVDをかけるとすぐに泣き止み、食い入るように見ていました。やなせさんの死を子供に教えたくはありません」と話す。

意味深いテーマソング

   アンパンマンが発表されたのは1973年で、その時は絵本だった。88年にアニメ化されたが、やなせはいつもこう話していた。「本当の正義というのは、相手にミサイルを撃ち込むことや爆弾を落とすことではないでしょうね。飢えた子どもたちなどを食べさせ助けることですよ」

   アンパンマンの声を担当してきた俳優の戸田恵子は「やなせ先生は私たちに分け合うことの大切さを教えてくれました。なくしてはいけない大切な道しるべを失ったような気持ちです」と語る。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中