中国の「アナ雪」歌手死去!冠基金に「勝手に名前使うな」事務所抗議

印刷

   死去した人気歌手の名前を冠した「ニセ基金」が中国でトラブルになっている。女性歌手のヤオ・ベイナーは「アナと雪の女王」の中国版で「Let It Go」を歌い、2008年には北京五輪の閉会式にも出演した。昨年(2014年)も音楽番組のランキングで年度トップ女性歌手に選出されるなどの活躍ぶりだったが、今月(2015年1月)になって乳腺がんのため33歳の若さで亡くなった。

呼びかけの夕刊紙「医者助手装って遺体写真撮影」

   ヤオは慈善活動に力を入れ、死後に角膜を提供したことでも話題になった。そんなことを受けて、大手夕刊紙を発行する新聞社が「ヤオ・ベイナー基金」を設立し、貧しい眼病患者を助けるためとして寄付金を募った。

   ところが、この基金に対して、所属事務所がベイナーの名を無断で使用したとして抗議。また、この新聞はベイナーの角膜摘出手術の際に、医師の助手を装ってもぐりこみ、遺体の写真を撮影していた。

   木下康太郎アナ「とにかくやりすぎですよね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中