電撃ネットワーク・ギュウゾウ「死んだ三五十五の楽曲」動画ツイッター投稿

印刷

   パフォーマンス集団「電撃ネットワーク」の三五十五が3月3日(2015年)、肺がんのため都内の病院で亡くなった。52歳だった。グループのメンバー・ギュウゾウ(50)は5日深夜、三五十五さんが手がけた楽曲のYouTube動画をツイッターに投稿し続けた。

   バンド「三五十五&エレファンツ」として2007年にリリースした「誰かのためなら生きられる」「やってみろ!」「バイバイ」「Ballade for the T.S.B」の4曲を投稿、コメントはなかった。

   ファンから「こんな時間にこれは、、、 私と1つしか年令変わらないので、まだまだ色々出来たのに」と悼む声が寄せられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中