2018年 9月 23日 (日)

「蜷川さんの灰皿投げ、本当に当たったことあるの」映画で共演した高木美保

印刷

   女優の高木美保は13日(2016年5月)のフジテレビ系「バイキング」(月~金ひる11時55分)で、きのう亡くなった演出家の蜷川幸雄さんに灰皿を投げられ、本当に当たったと話した。デビュー映画「Wの悲劇」で高木は劇団員役、蜷川さんは演出家役で、劇中に有名な『灰皿投げ』のシーンがあり、投げたアルミの灰皿が本当に当たってしまったという。

   「クソって思ったんですけど、新人だから何にも言わなかったら、後から蜷川さんがいらして、当てないようにしていたけどごめん。本当に当てちゃってと謝られた」という。蜷川さんは投げるにしても、当たっても大丈夫なように軽いアルミの灰皿を選んでいたのだろうか。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中