「蜷川さんの灰皿投げ、本当に当たったことあるの」映画で共演した高木美保

印刷

   女優の高木美保は13日(2016年5月)のフジテレビ系「バイキング」(月~金ひる11時55分)で、きのう亡くなった演出家の蜷川幸雄さんに灰皿を投げられ、本当に当たったと話した。デビュー映画「Wの悲劇」で高木は劇団員役、蜷川さんは演出家役で、劇中に有名な『灰皿投げ』のシーンがあり、投げたアルミの灰皿が本当に当たってしまったという。

   「クソって思ったんですけど、新人だから何にも言わなかったら、後から蜷川さんがいらして、当てないようにしていたけどごめん。本当に当てちゃってと謝られた」という。蜷川さんは投げるにしても、当たっても大丈夫なように軽いアルミの灰皿を選んでいたのだろうか。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中