独走・広島に一矢報いた巨人 田口サマサマ
〈プロ野球~マツダスタジアム 広島×巨人〉(BS朝日)

印刷

   筆者はアンチ巨人であるが、この日ばかりは巨人の応援団である。何故なら、4連敗の巨人がこのままズルズルといったらペナントレースがつまらなくなること。絶好調の広島東洋カープが走りすぎるとセ・リーグの試合が終わってしまうこと。幸い今日のピッチャーはブス(失礼)だけど若くて(21歳)防御率のいい田口麗斗だ。
   広島のピッチャーもエース級の野村祐輔、思った通りの投手戦で5回までは0行進だった。解説者が「泣いてばかりいた感激屋」の元広島・前田智徳で、この人真面目過ぎて陰気臭くて、大バッターだったのにさっぱり面白くない。6回と8回に巨人が点を入れて、やっと広島に勝った! 今まで巨人は広島戦を7連敗もしていたので、田口サマサマである。暗さが染みついた高橋由伸監督もちょっと愁眉を開いたか。相変わらず巨人の選手はみーんな暗いが。
   ところで、この日も各局のスポーツニュースをハシゴしていたら、西武ライオンズと日ハムファイターズの試合で、西武が4対1で勝ち、おかわり君こと中村剛也が目の覚めるようなホームランを打ったのに、試合の模様で出てくるのは3振やセンターフライで凡打の山だった日ハムの大谷翔平の姿ばかりだ。おかしいだろ。百歩譲って日ハムが勝った方ならわかるが、負けたチームの選手だけというのは理解しかねる。スターの大谷にぶら下がったテレビの愚鈍ぶりには呆れるし、こういう一面的な放映が人気を下げているのである。
   (放送2017年7月4日18時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中