博多華丸、DeNA2連勝に「野球を楽しめるのが少し増えた」と強がり

印刷

   お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸が3日(2017年11月)、自身のツイッターを更新し、28日(10月)から行われているプロ野球ソフトバンクとDeNAの日本シリーズについて「野球を楽しめるのがもう少し増えた」と述べた。

   華丸は

「胴上げの予定がただの打ち上げになって遅めの帰宅。 でも野球を楽しめるのがもう少し増えたと思えば納得という理由(言い訳)でお開き。 ホーム&アウェーってちゃんとあるんだなぁと感じた横浜の夜でした。。。」

とツイートした。

   ソフトバンクは同シリーズ開幕から本拠地ヤフオクドームで2勝、横浜スタジアムで1勝と3連勝し、王手をかけたが、その後DeNAが横浜スタジアムで2連勝。

   3日は試合がなく、4日からはヤフオクドームに戻り、第6戦が行われる。

   華丸は福岡県出身。ソフトバンクが今季、リーグ優勝を決めた際には「昨年の雪辱を果たすにはお釣りがくるほどの完勝でした! 選手の皆さん 関係者の皆さん ホークスファンの皆さん 今夜は2年分の歓喜に酔いしれましょう 乾杯!」と地元球団の優勝を祝福していた。

   華丸の今回のツイートに対し、

「全て計算通りですね 明日、ホームでの優勝 胴上げです」
「監督の宣言通り、ヤフオクドームで胴上げですばい」
「そうですよ!ホークスの試合が一試合増えたと思えば。明日ヤフオクで胴上げ!」

などの声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中