2018年 11月 18日 (日)

佐藤琢磨、殊勲賞は「大変光栄」 サファテ、村田諒太とともに受賞

印刷

   レーシングドライバーの佐藤琢磨は21日(2017年12月)ツイッターで2017年「日本プロスポーツ大賞」の「殊勲賞」を受賞したことを報告した。

   同賞は公益財団法人日本プロスポーツ協会が、その年のスポーツにおける業績を讃えるもの。3人選出される「殊勲賞」は「大賞」に次ぐ賞だ。

   佐藤は5月、世界3大レースの1つに数えられる「インディ500」を日本人レーサーとして初めて制覇する快挙を成し遂げていた。殊勲賞にはほかに、福岡ソフトバンクホークスのデニス・サファテ投手と、WBA(世界ボクシング協会)ミドル級王者の村田諒太が受賞した。

   佐藤は投稿で、

「栄誉ある『日本プロスポーツ大賞殊勲賞』を頂き大変光栄です。INDY500の勝利は、スポンサーの皆さま、ファンの皆さま、多くの関係される方々ひとりひとりの気持ちがひとつになって獲得できた最高の栄冠です。長きに渡るご支援に心から感謝しています。本当にありがとうございました!!」

と関係者への感謝をつづった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中