2019年 2月 23日 (土)

プロ野球選手のユニフォーム洗濯マシンに圧倒される! これぞテレビの醍醐味だ 〈ソノサキ〉(テレビ朝日系)

印刷

   「視聴者の気になるソノサキ解決スペシャル!」と題したこの日は、「街中の巨大なガスタンクはどうやって壊す?」「汚れたプロ野球のユニフォーム、試合後どんな風に洗っている?」「人口知能ではじき出したその先ブレイクするお笑い芸人を知りたい」の3本だった。

   まず、ガスタンクのソノサキ。東京・錦糸町の解体業者が開発した球体タンク解体マシン「りんご☆スター」で切断、溶かされて車のボディに再利用されるというものだった。そして、最後の「ブレイク芸人」は過去17年分のお笑いコンテスト総勢442組29時間135万字が蓄積されたデータ人工知能「OWARAI-X」を使って、今後ブレイクするお笑い芸人を調査した結果、55組の中から選ばれたジャイアントジャイアンがネタを披露。名前だけでも覚えておこうか。

   もっとも興味深かったのが「ユニフォーム」のソノサキ。楽天イーグルスと契約する業者を取材したのはイチローのものまね芸人・ニッチロー。320人分のユニフォームを従業員10人で搬送し、一度に50キロ洗える巨大ドラム式洗濯機に投入。洗剤は3種類をブレンドしたものを使用し、ズボンは2度洗い。汚れのひどいものは高圧シミ抜き、泥汚れは企業秘密の液体とタワシを使って落とすなどなど、その映像の迫力たるや! 午後10時半に洗濯終了。各選手のかごに振り分けられ、すべて終わったのは深夜1時。翌朝6時、球場に搬入。普段、見られないものを見られるのはテレビの醍醐味だ。(放送2018年5月1日23時15分~)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中