2018年 12月 12日 (水)

辞任表明の山根会長 「ボクシング連盟」には居座り!?私物化看過してきた理事全員に責任

印刷

   日本ボクシング連盟の山根明会長(78)がきょう8日(2018年8月)正午過ぎ、「本日をもって(会長職を)辞任したします」と表明した。「スッキリ」は辞任表明前に山根会長に近い関係者を取材していた。山根会長は家族に「会長職は辞めるつもりだ」と伝えていたという。この関係者によると「会長職は辞めても連盟には(山根の)名前を残すだろう」とも話している。

辞任劇もワンマンショー

tv_20180808145516.jpg

   コメンテーターで元競泳日本代表の松田丈志は「会長一任というが、そもそも会長がすべて決めていく体質が問題の根源だと思います。そこを変えていかなければいけない」

   評論家の宮崎哲弥も「いままで会長に私物化を許してきたのが本当だとしたら、理事会自体も責任があるわけで、全員が辞任しないとダメですね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中