2019年 6月 20日 (木)

まだ残暑なのにもうインフルエンザ?今年はA型で急な発熱

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   インフルエンザで9月(2018年)上旬から学級閉鎖する学校が出始めている。愛知県6校、神奈川県4校、東京都3校など13都府県25校に及ぶ。インフルエンザに詳しい大川洋二医師は、「昨年(2017年)も9月から少しずつ出ていましたが、ここ2、3年は(この時季に)増えています」と話す。

   今年は今のところA型で、急な発熱が特徴という。「とくダネ!」のスタッフも3人がかかり、うち2人がA型、1人がB型だったという。

季節が逆の南半球から持ち込み

tv_20180920125110.jpg

キャスターの伊藤利尋アナ「自分で判断しないで、受診する方がいいですよ」

司会の小倉智昭「この時期にまさかインフルエンザとは思わないものなあ」

   秋口から流行が始まるようになっている原因として、大川医師は海外渡航を挙げる。とくに季節が反対の南半球との観光客の行き来を指摘する。

   日本の気候が亜熱帯型に近づいている影響をあげる専門家もいて、この点から亜熱帯型インフルエンザともいわれる。沖縄では年2回の流行が2005年以降起き、本州各地では2015年頃から夏に感染するケースが出始めた。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中