2021年 9月 19日 (日)

コロナ陽性クレーマーの恐怖 「診療費返せ」「判定取り下げろ」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京・目黒区の「目黒の大鳥神社前クリニック」でウイルス陽性患者がクレームをつけ、受付に4時間半も居座ったというトラブルがあった。同クリニックの防犯カメラ映像に映っていたのは、「診療費を返却しろ」と言い張る50代男性患者だった。

   27日(2021年8月)の「モーニングショー」によると、この男性患者は、クレームに来た10日前に、「2日前から38度弱の発熱、咳、だるさなどの症状があり、PCR検査を受けたい」と、同クリニックを受診。糖尿病の持病があったためPCR検査に加えX線検査、血液検査を実施して約6000円の代金を支払っていた。PCR検査の結果、陽性であることを説明した数日後の8月22日、男性がクリニックを訪れ「PCR検査が陽性ならばお金は公費で支払われるはずだから無料だと聞いた。返金しろ」と言い張った。

  • 医療機関に理不尽な負担も(画像はイメージ)
    医療機関に理不尽な負担も(画像はイメージ)
  • 医療機関に理不尽な負担も(画像はイメージ)

病院に居座り、4時間半も押し問答

   しかし実際は、PCR検査で陽性が判明後の医療費は全額公費で負担されるが、陽性判明前の初診料やレントゲン代などの医療費は自己負担となる。同クリニックの北村直人院長が、そう説明したが男性は納得せず、隔離期間中であるにもかかわらず病院に居座り、4時間半も押し問答を続けていた。

   同クリニックでは、この男性に他の患者が近づかないようスタッフが受付以外の場所に誘導するが密集状態になってしまったという。同クリニックでは患者の診察時間をずらすなどして感染対策を実施してきたが、この男性患者の居座りの影響で混乱状態となった。

   院長が「警察を呼びますよ」と伝えると、男性は「どうぞ」と言うので、110番通報。警察が駆け付けたが、金銭トラブルなどの民事には介入できないとして対応してくれなかった。院長は、このままでは午後の診療に影響が出てしまうと判断し、男性を帰らせるために仕方なく全額返金したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中