1989年試作の国産電子書籍リーダー、YouTubeに記録映像公開

印刷

   システム技術研究所(東京・中央区)が1989年に試作した「電子ブック1号機」を記録した動画が2014年4月9日、YouTubeに公開された。モノクロ液晶パネルを2枚組み合わせた見開き本のような形で、2インチのフロッピーディスクに入力したテキストファイルを画面に表示する。自動ページめくりやアンダーライン表示などの機能も備えている。米国特許も取得したが90年代末に権利を放棄したという。サイズは186×280×54ミリで重さは2700グラム。電源は単三電池6本、ACアダプタ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中