舛添都知事、五輪3会場の建設中止を表明 2000億円の削減効果に

印刷

   2020年の東京五輪に向けて建設が予定されていた東京都内の3会場について、舛添要一都知事は2014年11月19日、都議会の特別委員会で建設を中止すると表明した。これで約2000億円のコスト削減になるという。

   建設を中止するのは、バドミントン、バスケ、セーリングの各会場。代替として、それぞれ調布市やさいたま市、江東区の会場を改修するなどして使用することを検討しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中