2018年 7月 21日 (土)

「2ちゃんねる」と麻生氏 エールを交換

印刷

   2006年9月20日の自民党総裁選後も、ネット上での「麻生太郎フィーバー」が止まらない。総裁選後に行われたネット投票でも、麻生氏がダントツの1位だ。その背景には、麻生氏が「マンガオタク」であること以外に、「ネット市民」に対して理解を示すような発言を繰り返していることにもありそうだ。

   ネット社会での麻生人気は、麻生氏が総裁選に敗れてからも健在だ。それを示すのが、総裁選後に行われたネット投票だ。ライブドアが配信している「動画ニュースライブ!」でのアンケート「シングルイシュー」では06年9月20日15時から9月21日15時まで丸1日、「【ネット総裁選】あなたなら、だれに投票しますか?」というテーマで投票を募った。安倍晋三氏が総裁に選ばれたのが20日15時少し前なので、これが総裁選後では最新の「ネット世論」に近い。

ネット市民と「におい」が同じ発言

ネット投票では麻生氏が3分の2の得票で「圧勝」
ネット投票では麻生氏が3分の2の得票で「圧勝」

   投票の結果とはいうと、有効投票数261件のうち、麻生氏の支持率は67.04%と、全体の3分の2を超えた。続くのが谷垣財務大臣の22.6%で、皮肉にも実際に総裁に選ばれたはずの安倍氏は、最下位の10.34%だ。

   これには、ネット市民が、麻生氏に対して持つ「親近感」にありそうだ。その「親近感」を生み出しているのが、麻生氏のネット社会に対する発言だと言えそうだ。例えば、9月19日の記者会見では、このように「ネット社会と自分との距離の近さ」について述べている。

「インターネットに参加している人達と麻生太郎というのは多分結構においが似ているんですよ。なんとなく意味をわかってくれそうな、総務大臣もやったということもあるだろうし、あまりその種の話をはねてしまうのではなく、その人達と話が通じると思われる」

   さらには、総裁選直後に出演したテレビ朝日の番組では、

「ネット社会では直に反応が伝わってくる。反応がいい」

とした上で、こう続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中