2019年 7月 24日 (水)

「コーヒー戦争」が激化 マック「プレミアムローストコーヒー」月3000万杯

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   「おいしいコーヒー」といえば、コーヒーチェーン。そんな時代が変わりつつある。ファストフード業界が「コーヒー競争」に本格参入しているからだ。2008年2月に日本マクドナルドは高級豆を使用した「プレミアムローストコーヒー」を投入、1か月足らずで3000万杯を売り上げた。コーヒーがおいしければ、ほかの商品の売り上げ増も見込める。「単体でも満足できるコーヒー」は、新たな顧客層を取り込み、市場を広げようとしている。

豆に合わせたコーヒーマシンを各店舗に導入

すでに3000万杯を売り上げた「プレミアムローストコーヒー」
すでに3000万杯を売り上げた「プレミアムローストコーヒー」

   オリコン子会社の「オリコンDD」が2008年1月22日に発表した「顧客満足度調査」の結果によると、「買いたいコーヒーランキング」の1位はマクドナルド(10点満点で7.31点)で、コーヒーチェーンのドトール(2位)、スターバックス(4位)を抜き、モスバーガーもスターバックスを抜いて3位に食い込んだ。

   米国でも同様の調査が行われ、「Consumer Reports Magazine」07年3月号によると、4つのチェーン店の同価格帯のコーヒーを、調査員が飲み比べたところ、バーガーキング、ダンキンドーナツ、スターバックスを押さえて、マクドナルドのコーヒーが「一番味が良い」と判定されたという。

   その余波か、米スターバックスは2008年2月27日(現地時間)に、17時半から約3時間半にわたって、全米7100店を一時閉鎖、13万5000人のスタッフに対して研修を行った。あのスターバックスもうかうかしていられない状況になってきているようだ。

   日本のファストフード業界では、日本マクドナルドが、2008年2月15日に「プレミアムローストコーヒー」を投入。コーヒー豆にはブラジル産の「サントスNo.2」、コロンビア産の「スプレモ」、エチオピア産の「モカ・シダモ」、グァテマラ産の「グァテマラ・SHB」の高級アラビカ豆を使用し、この豆にあわせたコーヒーマシンを全店舗で導入して、オペレーションも見直したほか、コーヒーカップも新たに米国の本社と共同開発するという力の入れようだ。

   またモスバーガーでは06年10月から、従来のブレンドコーヒーに加えコロンビア豆をブレンドしたマイルドコーヒーを投入し、現在も「ハンバーガーと一緒でも、コーヒー単体でも満足できるもの」(同社)を目指して開発が進んでおり、ロッテリアでも深煎りイタリアンロースト豆2種類を使用するなど、「おいしいコーヒー」を目指す動きが広がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中