「Perfumeが歌う意味なし」あ~ちゃんがプロデューサー「批判」?

印刷

   人気テクノポップグループ「パフューム(Perfume)」の「あ~ちゃん」(西脇綾香、20)が雑誌のインタビューで、中田ヤスタカプロデューサー批判をしているのではないか?と話題になっている。人気絶頂にも関わらず2009年5月10日の東京代々木で行われたコンサートで、「パフュームを見捨てないでください」と観客に語り掛け、ファンを「何が起こっているのか?」とやきもきさせたばかり。近々発売されるニューアルバムになにか不満の原因があるのだろうか。

「もう苦しくなって逃げたくなったりする」

   「パフューム」のインタビューが掲載されているのは月刊誌「ロッキング・オン・ジャパン」09年7月号。同誌は冒頭で09年7月8日に発売されるニューアルバム「⊿(トライアングル)」はメンバー3人の歌が減らされ、ダンス・ミュージックのような作りになっている。しかも、歌には大胆なエフェクト(音響効果)が付けられたため、誰がどの部分を歌っているのかわからない状態だ、と指摘している。

   作詞・作曲・編曲は中田プロデューサーが担当している。3人がそれぞれ主旋を歌った後、中田プロデューサーが3人の歌を「切り貼り」し、エフェクトをかけて完成させる。

   インタビューでは、3人が「パフュームはこうでなければいけない」という思いが強くなりすぎるときがあると、明かしている。

   あ~ちゃんは、

「もう苦しくなって逃げたくなったりするときはありますね」

と答えている。遊びたいときもあるが、自動的に毎日のスケジュールが決まり、自分の思い通りにはならない、というのだ。他の二人も同じ意見だったが、のっち(大本彩乃、20)が、

「(逃げ出したいと思うことはあるが)あんまりそういうことは考えないようにしている」

と言うと、あ~ちゃんは、

「考えないようにしとるっていうのを出しすぎるとき、こっちがいらいらする」

とちょっと違った見方を示し、のっちは「そうなんや」と笑って返している。

   ニューアルバムについても、

「あの中田様が私たちにまた曲をくださるのですね、見捨てないでいただいてどうもありがとうございます」

と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中