2020年 9月 29日 (火)

外国人が次々に日本脱出 仏・韓は臨時便も

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東北関東大震災を受けて、外国人が続々と日本を脱出している。脱出用の臨時便を飛ばす国もあれば、仙台から新潟までバスをチャーターして、新潟港から国外に退避させるなど、様々な手段を講じている。また、定期便の機材を大型化するなど、航空会社も、国外退避に向けて動きを進めている。

   在京フランス大使館は2011年3月16日、日本在住のフランス人に対して、出国するか日本の南部に退避するように勧告する声明を出した。声明によると、すでに帰国用に手配したエール・フランス機2機が日本に向かっている。

中国外務省は、被災地域から退避を勧告

羽田空港の国際線ターミナルは、出国する外国人で混雑している(2010年10月撮影)
羽田空港の国際線ターミナルは、出国する外国人で混雑している(2010年10月撮影)

   中国外務省は、被災地域から退避を勧告。宮城、福島、茨城、岩手の4県にバス数十台派遣し、帰国を希望する中国人を成田空港と羽田空港に運ぶ予定だ。

   ロシア国営の「ロシアの声」によると、ロシア外務省は「必要性が発生した場合、日本は自国民を避難させるために、あらゆる手段を用いる」との声明を発表している。

   インドネシア政府は、被災したインドネシア人約100人を、定期便で帰国させた。

   民間航空会社は、増便する社と減便する社があり、対応が分かれている。

   大韓航空は、3月16日夜、成田から仁川線行きの臨時便を2便運航するほか、羽田発金浦行きの定期便の機材を大型化した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中