東電社長、賠償支援を政府に要請

印刷

   東京電力の清水正孝社長は2011年5月10日、首相官邸を訪れ、福島第1原発事故に伴う賠償問題に対して政府に支援を要請した。海江田万里・経済産業相らが対応した。清水社長は要請後、「大臣からは、『後ほど回答する』ということだった」と記者団に話した。また、役員報酬の「当分の間」の返上や資産売却などの経営合理化を検討しているとして、近く公表することを明かした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中