2018年 5月 28日 (月)

九電、過去最悪905億円の赤字 原発運転延期のツケが響く

印刷

   九州電力は2012年1月30日、11年4~12月期の連結決算で905億1000万円の赤字になったことを明らかにした。

   原発の運転再開延期による火力発電の燃料費負担が原因といい、創業以来、最悪の赤字額だという。前年同期は、295億400万円の黒字だった。これを受けて、九電は、取締役は20%、執行役員らは15%の報酬カットを2月から行う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中