2019年 2月 23日 (土)

「日本の音楽番組はクソだし狂ってる」 ノエル・ギャラガーの日記「誤訳」で大騒動

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   イギリスを代表するロックバンド、OASISの元ギタリスト兼ボーカリスト、ノエル・ギャラガーさん(45)が来日時の感想を書いたブログが「誤訳」され、ネットで騒動になった。「日本の音楽番組はクソ」といった内容だったために、勘違いしたネットユーザーがノエルさんのサイトに「突撃」するほどの事態になった。

   ノエルさんは2012年5月下旬、ソロプロジェクトの武道館公演含む、日本ツアーのために来日。25日放送の音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日)にも出演した。

公式サイトでMステ出演を振り返る

誤訳が拡散されて騒動に。
誤訳が拡散されて騒動に。

   番組では、「日本のお客さんの前でプレイするのが大好き。日本に戻って来られて最高。ライブに来てくれてありがとう。フジロックでもお会いしましょう」と語り、最新シングル曲を披露した。番組終盤に、「今日のミュージックステーションはどうでしたか?」と聞かれ、「クレイジーだった」と笑顔で返答。楽しかったようだ。

   26日には、ノエルさんのサイトにMステ出演の感想を綴った日記がアップされた。「あの番組は分かってはいたんだけど、すげえやばかった。あの手の日本の番組が何を狙っているのか理解するのはとても難しい。でもまあ、『トップ・オブ・ザ・ポップス』みたいなもんだろ」と振り返る。

   たくさんの日本人出演者と共演したことについて触れ

「その中の一つにはAKB48っていう造られた感じの女の子のグループがあったんだ。マジな話、30人ぐらいの女の子がいて、みんな年齢が13~15歳なんだ。一気に自分が年老いたなと感じたね」

   タモリさんについては「司会者はすかした爺さんで、ジェームズ・ボンドの悪役みたい」だったとし、「騒がしいし、忙しいしでカオスだった。なぜ、自分がそこにいるのか神のみぞ知るって感じだった」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中