柔道女子の園田監督、辞意を表明 暴力行為で集団告発

印刷

   柔道女子の日本代表が強化合宿で暴力行為があったと集団で訴え出た件で、園田隆二監督(39)が2013年1月31日、東京・文京区で記者会見し、辞意を表明した。「ご迷惑をおかけしました」と陳謝したあと、「これ以上強化に関わっていくことはできない」として、進退伺を提出したと明かした。

   ロンドン五輪代表を含む女子柔道選手15人は、園田監督やコーチから暴力やパワーハラスメントを受けたとして、日本オリンピック委員会(JOC)などに告発。全日本柔道連盟は30日、謝罪の記者会見を開いて園田監督らを戒告処分としたことを明らかにしたものの、「本人も反省しており監督の入れ替えはない」と明言していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中