2019年 12月 9日 (月)

マックだけじゃない、外食業が嵌った「低価格競争のワナ」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

鶏肉問題は米国的なマネジメントの限界示す

   そうしたなか、日本マクドナルドは新商品の「豆腐しんじょナゲット」を、2014年7月30日に発売。まったく偶然のタイミングで、同社も「販売は食肉問題が発生する前から準備されていました」とコメントしているが、「チキンマックナゲット」にしても、そもそもお客は原材料よりも「マクドナルド」という「ブランド」を信用して購入している。

   前出の大関氏はこう話す。

「コストを必要以上に落とすことのリスク、それが食べものであれば、品質が落ちれば危険度(人体へのよくない影響)が増すことのリスクを、消費者もそろそろ認識すべきです。これまではブランド力を信用してきたのでしょうが、今後はそればかりではいけないということでもあります」

   企業が本気で品質を向上させようとするのであれば、まず中国での生産をやめてみる。それは販売価格の上昇を意味するが、適正な価格でモノをつくるというのはそういうことだ。

   鶏肉問題は、低価格競争で売り上げを伸ばす、米国的なマネジメントの限界を示しているかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中