2021年 1月 17日 (日)

大手新聞に伏せ字にされた、タイ代理出産御曹司の本名

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   タイで日本人実業家の男性(24)が多くの子どもを代理出産させていたとされる問題で、それを報道する週刊誌の発売を知らせる新聞広告が異様なことになっている。

   広告に掲載された男性の名前などの記述が伏せ字で、「●●●」といった表記になっているのだ。

朝日新聞の広告は「●通信御曹司・●●●●」

新聞ごとに微妙に伏せ字の箇所や表記が異なる
新聞ごとに微妙に伏せ字の箇所や表記が異なる

   週刊文春と週刊新潮の発売日には新聞各紙に広告が掲載され、朝日新聞と読売新聞には同じサイズで広告を出稿するので、同じ内容の広告が両紙に載るはずだ。ところが2014年8月20日はいつもと違っていた。8月28日号の週刊文春と週刊新潮は、伏せ字の処理が施されていた。

   たとえば朝日新聞の週刊文春の広告は、

「生命倫理への冒涜?『1000人出産計画』のおぞましい動機―タイ代理出産
●通信御曹司・●●●● 乳幼児「育成農場」に初潜入!」

と企業名の一部と男性の名前が伏せ字になっている。

   一方で、読売新聞は以下のような形だ。

「生命倫理への冒涜?『1000人出産計画』のおぞましい動機―タイ代理出産
IT大手御曹司・●●●●乳幼児「育成農場」に初潜入!」

   男性の名前を隠しているのは共通しているが、企業名の部分は「IT大手」になっていて、より特定しにくくなっている。

   では、両紙の週刊新潮の広告はどうなっているのか。朝日新聞に掲載されたバージョンは、

「子ども1000人で『●帝国』!?『●通信創業者』ご長男の人間牧場」

と、同じく企業名の一部が伏せ字だ。

   一方、読売新聞は

「子ども1000人で『光帝国』!?『●●●創業者』ご長男の人間牧場」

と朝日新聞と異なり「光」の文字が入っていることがわかる。だが企業名を直接示す箇所はすべて隠されて読めない。

   他にも日本経済新聞では、企業名と名前の部分が真っ黒に塗りつぶされた「黒塗り」になっていた。産経新聞と毎日新聞は文春に関しては男性の本名が伏せ字、新潮の広告には伏せ字はなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中