2019年 2月 24日 (日)

若貴より強いと言われた元大関貴ノ浪が急逝 「間違いなく横綱になれる」はずだったが...

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

確実に白星を重ねるタイプではなかった

   貴ノ浪の相撲は豪快そのもので、いかにも大相撲らしかった。堅実な相撲の貴乃花とは対照的で、大いにファンを沸かせた。今年、大関に上がった照ノ富士のような力士、といえば現在のファンに分かるだろう。

   しかし、豪快は荒さをも意味し、故障にもつながる怖さを兼ねていた。確実に白星を重ねるタイプではなかった。

「力自慢の典型だろう。一気に横綱にまで登り詰めてしまえばよかったのだが、上位の相撲はパワーだけでは勝ち続けることはできない」。

ベテラン相撲記者の声である。

   本人の言葉がある。

「(自分の相撲は)良い子がマネをしてはいけない相撲だよ」

   優勝は2度。それを生かせなかった原因に足首のケガ。大きな体を支えるのに大きな負担がかかった。99年九州場所後に大関を陥落。その後、大関復帰を果たすが、再びその座を明け渡した。以後は幕内に残ったものの、かつての強さはなかった。

   横綱を目前にしながら二度の大関陥落。そして43歳の急逝。波乱の人生だった。力の相撲は美学、というのが信条だったのだろう。通算777勝559敗13休。勝率5割8分2厘。好成績を残している。相手を投げ飛ばす「記憶に残る力士」だった。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中