2019年 11月 13日 (水)

「ベッキーから手紙来ない!」 友達の「線引き」にショック受ける芸能人続々

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「ゲスの極み乙女。」川谷絵音さん(27)との不倫騒動で芸能活動を休止中のベッキーさん(32)から「手紙が届いた」と表明する芸能人が、このところ相次いでいる。

   休業に際し、番組スタッフや共演者、友人らにお詫びの手紙をしたためているという話は複数メディアが報じているところだ。一方、交流があったにもかかわらず「届いていない」という芸能人からの嘆き節も増えている。

  • ベッキーさんの「手紙」が話題に(写真は2009年撮影)
    ベッキーさんの「手紙」が話題に(写真は2009年撮影)

手紙を送った共演者やスタッフは100人?

   「届いた側」の1人が、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜さん(33)だ。「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)などで共演しているだけでなく、プライベートでも仲の良いことで知られる。

   2016年3月22日に出席したイベントでは、休業の際の挨拶が書かれた手紙をもらったと明かし、「お友だちとして心配して、応援している」とエールを送った。

   18日には「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で共演している宮川大輔さん(43)も、1月下旬に手紙が届いたことを都内で行われたイベントで告白。詳しい内容は伏せたが、「便箋で『すみませんでした』って」と話した。

   「週刊新潮」2016年3月3日号は、芸能プロ幹部の話として、ベッキーさんが約1か月のうちに100通近い手紙を番組共演者やスタッフにあてて書いたと報じている。

   さらに「週刊女性」4月5日号では、3月上旬に手紙受け取ったというテレビ局プロデューサーのコメントとして

「内容を詳しく話すとバレちゃうから言えないけど、要は『川谷さんとは不倫をしていません。本当に友達なんです』っていうことが書かれていました」

と伝えている。

   しかし、「届いた」エピソードが次々報じられる中で「あれ?」と思った芸能人もいるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中