2018年 7月 23日 (月)

清水国明さん「仮設よりトレーラーハウスを」が大反響 被災地対策で「賛否両論」1万件超える

印刷

【意外とバズったJ-CAST記事(1)】今日のこの記事は、いつもより多くの読者に見てもらえるのでは?――そんな記者の期待もむなしく、あまりPVが伸びなかった記事もある一方、少し地味(?)な思わぬ記事が、フェイスブックで数千~1万件超もシェアされるなど、バズる(話題になる)ことも。

   J-CASTニュースで2016年1月以降に配信したニュースのうち、書いた記者もビックリするほど「意外とバズった」ネタを、担当記者本人が振り返り、その理由を分析、短期連載でお届けします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

   タレントの清水国明さん(65)が熊本地震が起きた機会に仮設住宅を批判し、トレーラーハウス利用を訴えていることを紹介した記事が、地味な話題にもかかわらず大反響を集めた。それは、清水さん自身が語ったことの為せる業だった。

   J-CASTニュースの記事

被災者の仮住まいに『トレーラーハウスを』 清水国明氏が『仮設住宅』を批判する理由

は、2016年4月19日に配信されてから、フェイスブックのシェアを徐々に伸ばした。

  • トレーラーハウスは牽引車で運ばれる
    トレーラーハウスは牽引車で運ばれる

「次の震災で使える」「安いイメージが全然ない」

   評判が評判を呼び、その後に飛躍的にシェアが増え、とうとう週明けの4月25日には1万件を突破した。

   直接取材に応じた清水さんは、仮設住宅が「隣の音も聞こえるほど粗悪な住宅が多く、金や時間の無駄」なこと、対してトレーラーハウスは「冷暖房完備なうえ、窓が2重ガラスで、床暖房もある」ことを語った。取り壊さないといけない仮設住宅に比べ、全国に備蓄して普段はレジャー用などに使えるメリットも挙げている。

   その内容が新鮮に映ったようで、ネット上では、「確かに良い案だ」「次の震災で使える」と賛同の声が多数書き込まれた。

   宮城県内でトレーラーハウスに泊まったことがあるというトラベルデザイナーのおそどまさこさんは、「清水さんの意見に賛成です。トレーラーハウスは、移動できるし、建てる時間がいりません」とツイートした。また、キャンピングカーで在住先の米国内を旅行していたというロバーツ原口ともこさんも、「ホントに居住性もいいです。プライバシーを確保できない、作っては壊す仮設住宅より何十倍もいい」とフェイスブックで明かしていた。

   一方、疑問の声もそれ以上に多く、「安いイメージが全然ないけどねぇ...」「メンテ代は年間いくらかかるんだ」「平時に誰がどう管理・活用するかだよ」といったコメントが多数の支持を集めていた。

   こうした声について、清水国明さんは、4月26日、あらためて取材に応じてこう説明してくれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中