2018年 7月 19日 (木)

ブラマヨ吉田、長谷川豊氏をガチ擁護 「悪意が無いのは読んだらわかる」

印刷

   元フジテレビアナウンサー・長谷川豊さん(41)の「人工透析ブログ」をめぐる一連の騒動に、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの吉田敬さん(43)が長谷川さんの側に立って「参戦」した。

   自身のツイッターで「悪意が無いのは読んだらわかる」「長谷川さんは、きちんと今後も、病気の方が最善の医療を受けれるようにする為に言っておられると思う」などと長谷川さんを擁護する投稿をし、これに対してフォロワーから多くの批判を招く事態になっている。

  • 吉田敬さん(2016年5月撮影)
    吉田敬さん(2016年5月撮影)
  • 長谷川豊さん(2016年9月撮影)
    長谷川豊さん(2016年9月撮影)

医者に止められてるのに酒飲んで倒れたら...

   吉田さんは2016年9月30日未明から朝にかけ、長谷川さんの書いた人工透析患者をめぐるブログについて、フォロワーとやりとりしながら自身の考えをつづった。初めに、

「長谷川さんは、きちんと今後も、病気の方が最善の医療を受けれるようにする為に言っておられると思う。壁ド突いたら手の骨折れます、でもド突いちゃった。そいつにかかる医療費を、病気の方に回しませんか?って事じゃないの?」

とつぶやいた。すると、フォロワーからは、長谷川さんが「殺せ」という過激な言葉をタイトルに使ったことや、透析患者を「自業自得かどうか」で分別したこと、現行保険制度の問題点を指摘するために弱者である患者を叩いたことへの批判や疑問などが次々と寄せられた。

   吉田さんはこうした意見に同意や反論をしながら議論を続行。

「俺が医者から酒を止めろと100回言われて101回目飲んで倒れて救急車。そこに先天性の肝臓病の子どもが運ばれてきたとしたら。使える薬は一人分しかない。どっちに使う?悲しい質問。ただ今のままでは一人分しか用意できないんじゃないの?」

と、長谷川さんのブログ内容を自身の解釈で説明し直した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中