2019年 5月 20日 (月)

ファミコン復刻版、人気まだスーパー級 増産予定あるの?任天堂に聞いた

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ゲーム大手の任天堂が2016年11月10日に発売した、手のひらサイズのファミリーコンピュータ「ニンテンドークラシック ミニ ファミリーコンピュータ」の高値が続いている。

   発売前の事前予約には注文が殺到。その人気のため、抽選販売にしたり、発売当日に完売したりする量販店が現れたほど。クリスマス直前、プレゼントに買い求める人も増えているが手に入らず、品薄の状況だ。

  • 任天堂「ファミコン ミニ」の販売価格が高止まりしている
    任天堂「ファミコン ミニ」の販売価格が高止まりしている
  • 任天堂「ファミコン ミニ」の販売価格が高止まりしている
    任天堂「ファミコン ミニ」の販売価格が高止まりしている

往年の「ファミコン」を60%縮小した「手のひらサイズ」

   任天堂の「ニンテンドークラシック ミニ ファミリーコンピュータ」(通称、ファミコン ミニ)は、1983年7月に発売された家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」の「復刻版」といわれ、「ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」「ゼルダの伝説」など、往年の人気30タイトルのファミコンソフトを収録。テレビなどに接続すれば、30タイトルをカセットの交換なしに楽しめる。

   「ファミコン」の本体サイズを、約60%に縮小した手のひらサイズ。当時のファミコンそのままに、2本のコントローラーが本体とつながっているので、家族や友だちと対戦や協力しながらプレイできる。

   「レトロ」な本体に、往年の「ファミコン」ファンが飛びついたほか、若い世代の目にも新鮮に映ったようで、発売前から注目が集まり、販売店などには予約注文が相次いでいた。

   そんなことだから、インターネットの通販サイトやオークションサイトなどでは、その値段が見る見るうちにつり上っていき、5980円(税別)の希望小売価格の2倍超を出さなければ買えなくなる状況に陥っている。

   インターネットには

「『復刻版ファミコン』がどこからも手に入らない!」
「ヨドバシもビックも在庫なし。いつ入荷するかもわからないって...」
「ファミコンミニ増産されたら確実に買う。だから、早く増産してくれ」
「完売って、もう手に入らないってことなの?」
「もう転売されていますよ。しかも倍(の値段)で・・・」

と、買えずに残念がったり、増産を待ち望んだりする声が数多く寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中