2021年 5月 14日 (金)

清水富美加への「仕事放棄」批判に異論 伊集院光「『死にたい』と言っている人に...」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   宗教法人「幸福の科学」への出家を宣言した女優・清水富美加さん(22)に対し、芸能界の先輩らからは厳しい意見が続出している。その多くは「事務所との契約満了前に出家するのは『仕事放棄』だ」といった趣旨の内容だ。

   ただ、批判一色というわけではない。特に彼女の精神面に配慮した上での意見が複数の芸能人から出てきている。

  • 直筆コメントには「毎日がギリギリの状態でした」と綴られている
    直筆コメントには「毎日がギリギリの状態でした」と綴られている
  • 直筆コメントには「毎日がギリギリの状態でした」と綴られている

「著名人の意見、バランス感覚を欠いている」

   タレントの伊集院光さん(49)は2017年2月14日放送のラジオ番組「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ系)で、「事務所側と教団側、どちらの味方にもならない」という前提のもと、自らの思いを語った。

   今回の件で伊集院さんが感じていたのは、芸能人から出てくるコメントが「彼女は身勝手だ」「仕事をこのまま放棄し、迷惑をかける」という内容ばかりだということだった。「この意見が間違っていると言ってるわけじゃない」としつつ、「あまりにそれ一色なことに気持ち悪さを感じる」と述べた。

   清水さんは12日に発表した直筆メッセージに「お仕事の内容に心がおいつかない部分があり、しっかりとした生活が送れず、毎日がギリギリの状態でした」と綴っており、精神的に追い詰められていたことを明かしている。教団側の会見では、清水さんが周囲に「死にたい」と漏らしていたことも伝えられた。

   伊集院さんは

「彼女は『死にたいと思ってた』って言ってるわけでしょ。そういう人に『仕事の責任を取っていないからやめるな』というのは、俺はちょっと違うと思う」

とし、

「あまりに今回、著名人たちの意見がバランス感覚を欠いているような気がする」

と指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中