2019年 1月 19日 (土)

J-CASTニュースランキング 2月は「ファーストクラス」「中央線」の乗客トラブルに仰天

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   J-CASTニュースで反響が大きかった記事から、2018年2月の出来事を振り返る。

   平昌五輪に日本が沸いたこの月だったが、偶然にも1位・2位を占めたのはともに「乗客トラブル」にまつわる記事だった。読者を驚かせたその騒動とは――。

  • 五輪に世間は沸いたが…?
    五輪に世間は沸いたが…?
  • 2月の社会系ランキング
    2月の社会系ランキング
  • 2月のエンタメ系ランキング
    2月のエンタメ系ランキング

誕生日祝われず、コーヒーがなく...

   「社会」系の記事で1位となったのは、「ファーストクラス乗ったのに、誕生日祝われなかった! 「泣いてしまいました」男性乗客、怒りの星1つ」(15日)だ。誕生日フライトにファーストクラスを選んだある男性だったが、期待していた「バースデー」サービスを受けられなかったことから、口コミサイトに怒りのレビューを執筆(現在は削除)、その憤慨ぶりが多くの読者の驚きを誘った。コメント欄への書き込みも、3月2日までに481件に達している。

   2位は「「コーヒーがない!」女性客が大暴れ... 中央線遅延トラブルの一部始終目撃談」(22日)。通勤ラッシュを直撃した中央線の遅延だが、その原因となったのは、ある女性客のトラブルだった。その一部始終を、目撃者に取材して取り上げたところ、こちらも大きな反響があった。

   3位は、「コロコロ漫画にモンゴル大使館が抗議文 チンギス・ハンの顔に落書き...「非礼な行為」「非常に残念」」(23日)。新聞やテレビなどでも大きく報じられたこの騒動だが、J-CASTニュースではいち早く伝えた。小学館はその後謝罪したものの、書店などでは問題の漫画誌を売り場から撤去する動きもあり、影響はなおも拡大中だ。

   4位は平昌五輪にまつわる「韓国パシュートの内紛 昨年秋に始まっていた「置き去り選手」絡みの確執とは」(22日)、5位「「わずか1.5キロ」本当に自衛隊への悪意? 報ステ富川アナ発言、よく聞くと...」(14日)と続く。

高橋一生「熱愛」にファン動揺

   「エンタメ」系の記事では、「乃木坂・白石麻衣、スタッフ「ガン無視」で炎上 「態度悪すぎ」批判で動画削除に」(9日)がトップに。

   2位は「宮川大輔の19歳写真が「アカーン」やつ 「吹いた」「うける」」(1日)で、3位には「俳優・高橋一生と女優・森川葵に熱愛発覚 ネットでは森川の恋愛スキルに驚きと称賛」(26日)。時めく俳優の熱愛にファンは動揺、J-CASTのコメント欄にも「一生も男でした?って事だよねぇー!」といった声が書き込まれた。

   4位は「「あゆかと思った!」 鈴木奈々の10年前が浜崎あゆみにそっくり」(14日)。5位にはこれまた平昌五輪にからんで「高梨沙羅のバッチリメイク論争に一石 峰麻美が「今年一番の衝撃」写真」(16日)が入った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中