2018年 8月 16日 (木)

台風中継がある意味「放送事故」に 謎の「ピンク帽子さん」相次ぎ乱入

印刷

   台風13号の接近にともなう情報番組「報道ステーション」(テレビ朝日系)の生中継で、一般人がリポーターの背後で執拗にカメラに映ろうとする「ハプニング」があり、ツイッターで「放送事故?」と話題になった。

   こうした「ハプニング」が発生したのは、報ステだけではない。実はこの人物、数時間前の他局番組でも同様に映り込んでいたのだ。

  • 台風中継で何が?(画像はイメージ)
    台風中継で何が?(画像はイメージ)

番組スタッフが手招きしたが...

   2018年8月8日夜放送の報ステでは、台風13号の関東地方への接近を受け、東京・JR新宿駅の南口で生中継。レインコートを着用した女性アナウンサーが、南口前の路上で「雨粒はそこまで大きくないが、ずっと風が吹いているので、体に吹き付けてくるような降り方」とリポートしていた。

   そんな中、ツイッターなどインターネット上で注目を集めたのは、アナウンサーの背後で画面に映り込んでいた眼鏡の一般人だ。ピンクの帽子をかぶり、紺色の傘を差してカメラをじっと見ていた。路上の人通りも少なく、女性アナとその人しか画面には映っていない。

   番組スタッフは移動させようとしたが、この一般人はその手をかわし、横転していた自転車数台に接近した。すると、女性アナがタイミングよく「時折、突風もこの時間、吹いていまして、あのように...」と後ろを振り返る。

「傘が吹き飛ばされてきていたり、自転車も倒れている様子があるんですね」

と自転車を指さし、カメラも画面いっぱいに映そうとした。だが、一般人の両足がそれを許さない。番組スタッフの手招きにも、一向に従わなかった。

   こうした「バトル」がその後も続いた。カメラの向きが改札前に切り替わると、この人も改札方面に移動し、画面に舞い戻る。また向きがかわっても、再び移動――という応酬が繰り広げられたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中