2019年 10月 14日 (月)

本人否定も...「協会寄り」イジられる横野レイコ氏 「代弁者じゃないんですか?」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   貴乃花親方の「引退」問題をうけ、リポーターの横野レイコ氏の報道姿勢に対して社会学者の古市憲寿氏が「(相撲協会の)代弁者じゃないんですか?」とツッコミを入れる一幕があった。

   「とくダネ!」(フジテレビ系)でのやりとりで、これに対し横野氏は「はい。ない」ときっぱり否定した。

  • 貴乃花親方への評価をめぐりバトル?(2018年9月25日撮影)
    貴乃花親方への評価をめぐりバトル?(2018年9月25日撮影)

「私、別に協会寄りでも何でもなく...」

   2018年9月27日放送の「とくダネ!」では、貴乃花親方の引退をめぐる騒動の続報を伝えた。5人のゲストらが一列に並び、向かって左端に横野氏、その横に貴乃花の兄で元横綱の花田虎上(まさる)氏、さらに女性司会者をはさんで次に古市氏が座った。

   横野氏は、貴乃花について、決めたことは曲げない人物だと指摘しつつも、「今後も相撲に関わっていきたい」としていることを受け、

「もしかしたら、協会に戻る可能性も全くないこともない、と期待しちゃったところもある」

と話した。

   そんな横野氏に古市氏は

「横野さん自身は、貴乃花に協会にいて欲しいのか、それとも追い出せて嬉しいという感じ?」

と質問をぶつけた。古市氏は以前から、横野氏が貴乃花に批判的だと感じていたようで、4月19日放送の「とくダネ!」でも、貴乃花一門の看板を下ろすことになったことを受け、「貴乃花親方に厳しい横野さんからすると、ちょっといいニュースじゃないですか」と指摘し、複数のスポーツ紙(ネット版)がその模様を報じていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中