2019年 8月 18日 (日)

責任転嫁で「ギャラから2万円引くと言われた」 漫画家が世田谷区職員告発、保坂区長が謝罪

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   東京都世田谷区の職員から責任を転嫁されギャラから2万円引くなどと言われたと、女性漫画家がツイッター上で告発し、騒ぎになっている。

   区が事実関係を調べ、保坂展人区長は、非を認めてツイッター上で謝罪した。

  • 職員を巡る騒ぎが起きた世田谷区役所
    職員を巡る騒ぎが起きた世田谷区役所

山本さほさん「人のことなんだと思ってんだろう」

   告発したのは、「岡崎に捧ぐ」などの作品で知られる漫画家の山本さほさん(33)だ。

「世田谷区役所と仕事したんだけど、やばすぎて笑うしかなかった...。人のことなんだと思ってんだろう」

   山本さんは2018年10月1日、こうツイートし、翌2日になって、その内容を自作の漫画で暴露した。

   それによると、区役所内で1日、海外の子供たちに漫画を教えるイベントがあり、山本さんは、講師の仕事を引き受けた。ところが、区の担当職員は、山本さんが作って送ったデータを紛失したうえ、山本さんに「え、持って来てないんですか?」と聞いたという。

   そして、授業開始前になって、この職員は、区役所と店で会場のダブルブッキングをするミスをして店からの当日連絡で気づいたと告白したが、「そのお店のキャンセル料2万円、山本さんのギャラから出しますね」と発言したという。山本さんは、「えっ、何で?」と抗議したが、職員は、自分も悪いとしながらも、ダブルブッキングを知らなかった山本さんに対し、「ふつう、連絡しません?」と非があると主張したという。

   さらに、前言を翻してコピーは自分でするものと難癖を付け、「とにかく、2万円は山本さんにお支払いいただきますので。こうなったのも山本さんに責任があるんですから」と主張を続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中