2019年 10月 16日 (水)

ボジョレー?ボージョレ?ヌーボー?ヌーヴォー? 各社がどう呼んでるのか、とことん調べてみた

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   毎年11月の第3木曜日に解禁されるワイン「Beaujolais nouveau」。今年(2018年)も11月15日に解禁され、話題になっている。

   その名の通り、フランスのBeaujolais地方で作られる新酒なのだが、あなたはどう発音しているだろうか。ボジョレー・ヌーボー? ボージョレ・ヌーヴォー? はたまた――。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 表記の比較表
    表記の比較表

アサヒ、サッポロ、キリン系は「ボージョレ」、サントリーは「ボジョレー」

   「正しい読み方」は、毎年この時期になるたび注目される。インターネット上でも同様で、2004年にはすでに「Yahoo!知恵袋」で、「ボジョレー・ヌーボーとボージョレ・ヌーボーって何が違うんですか?」といった質問がされていた。その疑問は10数年たった今も同じで、18年のツイッターにも、

「ボジョレーなの?ボージョレなの?」
「ボージョレなのかボジョレーなのかヌーボーなのかヌーヴォなのかはっきりして!」
「平成時代も30年が経ち終わろうとしているのに、未だに『ボジョレー』なのか『ボージョレ』なのか統一されない」

といった戸惑いの声が出ている。

   まずは、酒造や流通の主要各社が、どのようなカタカナを振っているのか、公式サイトの表記をもとに調べてみた。すると「ボージョレ」を冠しているのは、酒造がアサヒビールとサッポロビール、メルシャン(キリン傘下)、流通がイオン(ミニストップ含む)、セブン&アイ(セブン‐イレブンなど)。「ボジョレー」派は、酒造がサントリー、流通がローソンとファミリーマート、西友といった具合。ディスカウントストアのドン・キホーテもこちらだった。一方、「nouveau」は、サッポロビールの「ヌーボー」、アサヒビールの「ヌーヴォ」を除き、先にあげた各社は「ヌーヴォー」でそろっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中