2019年 2月 17日 (日)

指原莉乃が大切にする「2つの言葉」 「すぐ言える人じゃないと...」後輩への置き土産

印刷
ファンケル マイルドクレンジングオイル初回500円モニター購入

   HKT48からの卒業を2019年春に控えた指原莉乃さん(26)が19年2月6日深夜(7日未明)、「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)に出演し、卒業後にグループを支えることになるメンバーへの思いを語った。そこで指原さんが「伝えたいこと」として繰り返したのが、「『ありがとう』と『ごめんなさい』をすぐに言えること」だ。

   指原さんは「優しい人、強い人でいてほしい」とも話し、出演メンバーは神妙な面持ちで聞き入っていた。

  • HKT48の指原莉乃さん。2019年4月に卒業コンサートを開く(18年11月撮影)
    HKT48の指原莉乃さん。2019年4月に卒業コンサートを開く(18年11月撮影)
  • 東京都内で開かれたコンサートでパフォーマンスするHKT48(19年1月撮影)
    東京都内で開かれたコンサートでパフォーマンスするHKT48(19年1月撮影)

「優しい人、強い人でいてほしくて、さらに...」

   この日の番組では、指原さん以外にHKT48メンバーの村重杏奈さん(20)、田島芽瑠(たしま・める)さん(19)、松岡はなさん(19)が出演。番組のテーマが「HKTメンバーに伝えたいこと」になり、指原さんが最初に口にしたのが「優しい人」でいることだ。

「とにかく何より、優しくいてほしいと思います。それは芸能界でいる上だけじゃなくて、普通に人として優しい人が、やっぱりさ、いいと思うのよ」

   その上で、「ありがとう」と「ごめんなさい」の2つの言葉を口にできることの大切さを繰り返した。

「私はすごくダメなときはダメって言うけれど、とはいえ、そのときに『ごめんなさい』と『ありがとう』をすぐ言える人じゃないと情けないですから」 「優しい人、強い人でいてほしくて、さらに『ありがとう』と『ごめんなさい』がすぐ言える人」
「言えなくなっちゃうから、大人になるにつれて。それに早く気づけた人が、とっても素敵な人になると思うので、『ありがとう』と『ごめんなさい』、すぐ言ってください!」

   さらに、このことはメンバーのみならず、一般のリスナーについても当てはまると説いた。

「これはほんとにね、聴いてる人もそうだったんですよね。『ありがとう』と『ごめんなさい』って、大人になるとすごく恥ずかしくなるから...」
「でもいつでも謝ってほしいわけじゃない。違うと思ったら『何でですか?』ってお話を深く聞いて、自分が悪いなって思ったら謝ったらいいと思うし」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中