2019年 8月 26日 (月)

2013年「ジョブズが生きていれば...」→2019年「ジョブズが生きていれば...」 発表会のたび現れる「亡霊」から、人はいつ解き放たれるのか

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   米Apple(アップル)が2019年6月4日(日本時間)から、年次の開発者向けイベント「WWDC2019」を開催している。初日のキーノート(基調講演)では、新製品や新たなOS(オペレーションシステム)が発表されて、世界中のユーザーから大きな反響が出ている。

   なかでも注目されているのが、新型Mac Pro。メモリを最大1.5TB(テラバイト)まで積める拡張性の高さだけでなく、その独特のデザインも話題だ。本国では「チーズおろし器みたい」との感想が出ているほか、日本のツイッターでも「おろし金」がトレンド入りした。そんな中、「ジョブズが生きていれば......」と、ため息まじりの投稿は絶えない。

  • 新しいMac Pro(プレスリリースより)
    新しいMac Pro(プレスリリースより)

「ジョブズだったら絶対許さないと思う」

   あらためて説明するまでもないが、スティーブ・ジョブズ氏は、Appleの共同創業者。一時は会社を追われたが、CEO(最高経営責任者)復帰後は、iPodなどの新製品を続々発表。iPhoneやiPadなどでは、ただ機械を売るのではなく、その製品があるライフスタイルそのものも提案して、多くの「信者」を生み出した。

   トレードマークは、黒いシャツにジーンズ。キーノートなどでは、終盤に「One more thing(それと、もうひとつ)」と前置きして、新製品を紹介するのが通例だった。かくいう筆者も高校時代、ジーンズからiPod nanoを取り出すシーンに感動して、すぐさま注文した記憶がある。しかしジョブズ氏は11年10月、すい臓がんで死去。56歳の生涯を終え、後任のCEOにはティム・クック氏が就いた。

   それから、もうすぐ8年。いまなお「ジョブズなら、こんな時どうしていたのか」と考えるファンは多いようだ。ジョブズ氏は、機能面はもちろんながら、とくにデザインへの強いこだわりを持っていた。そのため「存命なら『おろし金』を認めたか?」と問うツイートは多い。多くは批判的な文脈で、

「ジョブズだったら絶対許さないと思う」
「これはないっすわー...ジョブズ泣くレベル」
「なんかもうジョブズっていないんだなあ...」
「スティーブ・ジョブズだったら窓からぶん投げて捨ててる」
「Mac Pro見たらジョブズ生き返ったのに憤死しちゃうね」

といったつぶやきだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中