2019年 10月 16日 (水)

ラグビーW杯、日本代表は8強に届くのか? レジェンド3人が読む「予選プール」の展開

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ラグビー元日本代表の今泉清さん、永友洋司さん、坂田正彰さんによる「レジェンド座談会」(前回:ラグビー界のレジェンド3人が語るW杯 日本代表はいかに戦うべきか?)。

   日本代表は「8強」、またはそれ以上という目標を掲げ、日々、研鑽(けんさん)を積んでいる。初の自国開催、初の「8強」以上は成し得るのか?

(聞き手・構成/J-CASTニュース 山田大介)

  • スマホで昔の写真を交換する永友洋司さん(左)と今泉清さん
    スマホで昔の写真を交換する永友洋司さん(左)と今泉清さん

ラグビーは「番狂わせ」起こりにくいスポーツ

   まず、2019年6月現在の世界ランキング(予選プール同組のみ)を見てみよう。

・アイルランド=3位
・スコットランド=7位
・日本=11位
・サモア=17位
・ロシア=20位

   ラグビーというスポーツは「真正面からのぶつかり合い」である。そのため、サッカーとは異なり「たまたま、ゴールに入った」または「オウンゴール」といった「偶然性」が少ないのも特徴だ。つまり「番狂わせ」が起こりにくく、基本的には「ランキング=試合結果」となるケースが多い。

   予選プールを通過できるのは、上位2カ国のみ。つまり「番狂わせ」が起こりにくいと仮定すると、下位のサモア、ロシアに勝ったとしても、上位のアイルランド、スコットランドのどちらかに勝たなければ「2位=8強」は確保できない。ただし、これも上位が下位に負けるケースもあるため「絶対」ではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中