2019年 7月 23日 (火)

外務省、水素水に「お墨付き与える意図ない」→では何故G20に? 意外な「採用理由」は...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2019年6月28、29日開催の主要20カ国・地域(G20)首脳会議で振る舞われた「水素水」が、インターネット上で注目を集めている。

   研究機関が「有効性について信頼できる十分なデータが見当たらない」と発表するなど、しばしば議論を呼ぶ水素水。どういった経緯で配布されたのか。商品を提供した伊藤園と、事務局に聞いた。

  • 伊藤園の水素水(伊藤園公式サイトより)
    伊藤園の水素水(伊藤園公式サイトより)
  • 実際に提供された水素水(伊藤園通販サイトより)
    実際に提供された水素水(伊藤園通販サイトより)

伊勢志摩サミットでも採用

   G20の会場となった「インテックス大阪」の国際メディアセンターでは、各国の記者向けに飲食物が振る舞われた。

   その中に、飲料メーカー大手・伊藤園の「水素水」があった。310ミリリットルの缶入りで、同社の通販サイトでは1缶あたり約185円で販売されている。

   水素水をめぐっては、女優の藤原紀香さんが紹介するなどしてブームとなったが、国立健康・栄養研究所は16年6月、「俗に、『活性酸素を除去する』『がんを予防する』『ダイエット効果がある』などと言われているが、ヒトでの有効性について信頼できる十分なデータが見当たらない」との見解を示した。

   そうした背景もあり、G20での水素水の「採用」に違和感を覚える人は少なくなく、ツイッターでは「政府がお墨付きを与えるとは」「伊藤園の在庫処分ですかね?」といった声がある。

   なお、16年のG7伊勢志摩サミットでも、伊藤園の缶入り水素水が配られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中