2019年 10月 20日 (日)

萩尾望都「締め切りに追われてたらいつの間に...」 デビュー50周年「ポーの一族展」開幕

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   マンガ家の萩尾望都さんの画業50周年を記念した企画展「デビュー50周年記念『萩尾望都 ポーの一族展』」が2019年7月25日から8月6日まで東京・松屋銀座で開催される。

   24日には開催に先立ち萩尾さんと、元宝塚歌劇団花組トップ娘役・仙名彩世さんによるプチトークショーが行われ、萩尾さんの50年間のマンガ家生活や、18年上演の宝塚版「ポーの一族」にまつわるエピソードが語られた。

  • 萩尾望都さん(左)と仙名彩世さん(右)
    萩尾望都さん(左)と仙名彩世さん(右)
  • 展示されている原画の美しさを語る萩尾さんと仙名さん
    展示されている原画の美しさを語る萩尾さんと仙名さん
  • 宝塚版「ポーの一族」の衣装や小道具も展示される
    宝塚版「ポーの一族」の衣装や小道具も展示される

エドガーとアランは「声が聴こえてくるよう」

   萩尾さんはマンガ家デビュー以来の50年間を「毎月毎年締め切りに追われて描いていたら、いつの間にか50年経ちましたって感じで」と振り返り、「まだまだ描きたいものもあるので、これからももう少し頑張っていきたいなと思います」と意欲を見せた。

   本展でも多数の原画が展示される代表作「ポーの一族」(1972年連載開始)については、

「もともと幻想系の話が好きだったのですけど、自分でもこんなに現実から遊離した幻想が好きだったのだなと、次々と(ポーの一族の)話があまり苦労しなくて生まれていくので、吸血鬼っていい題材を見つけたなと思いました」

と連載当時を振り返った。作中のエドガーとアランについて「連載開始から本当によく動いてくれて、ずっとエドガーとアランでおしゃべりを続けていて、ちょっと耳を傾けると声が聴こえてくるよう」と語り、1976年に一旦連載が終了した後、2016年から40年ぶりに新作を描き始めたことについては、

「再開してみたらたくさんの読者の方に読んでいただいて、また昔と同じくくらい楽しいので、キャラクターたちに『ごめんねこれまで放っといて』と謝りたいくらいの気持ちで、これからも描いていきたいです」

と衰えない創作欲と愛着を語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中